2011-04

卒団生作文17

宮内スタリオンズ 16 ゆうた【第57号】

ぼくは二つ関わった一つ目は声を出すという事、二つ目は、だんけつ力の大切さです。
ぼくは上組では、あまり声を出していませんでした。
でも宮内スタリオンズに入ってからグランドに入いる時はあいさつなどいつもへんじをしないど自分でも気が付がない所であいさつができるようになりました。
中学校でも声を出していきます。
二つ目の団けつ力は、試合で知りました。
こうたいした人もベンチで声をでして試合にでた人といっしょになった気持ちでおうえんしました。
そしたら点を取ったりしました。
とても楽しかった宮内スタリオンズでした。
中学でもがんばります
中学校にすすみます

11_03_26 (18)

鍛錬は不可能を可能にする 学業も野球も力而必達
スポンサーサイト



テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

卒団生作文16

宮内スタリオンズ 15 ゆうたろう【第56号】

監督、コーチ、池田さん、保護者のみなさんありございました。
短い間でしたが、たくさんの思い出がうかんできます。
最初の練習は「草とり」でした。
え?と思いましたが、自分たちの場所だ。
自分らでキレイにするものだ。と思わされました。
日常生活でも同じです。
自分のことは自分でやる。という考えにならないといけないのか。と思いました。
大会の方では、どんどん勝ち進みました。
そして、準決勝。
人生初のナイターのプレー。
この貴重な体験の中で、投げさせてもらいました。
とてもうれしかったです。
本当にありがとうございました。
投げていて気持ちが良かったです。
ほかにも、ECOスタの試合観戦、見学や南部体育館の練習など初めての体験ができてスタリオンズに入って良かった。と思いました。
本当に、本当にありがとうございました。

11_03_26 (17)

鍛錬は不可能を可能にする 学業も野球も力而必達

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

卒団生作文15

半年間の活動での学び 14 りょう【第55号】

僕は、この半年間の宮内スタリオンズの活動で、たくさんの大切な事を学びました。
その中でも、特に大切だと思った事が二つあります。
一つ目は、みんなと協力する事です。
宮内スタリオンズは、上組のメンバーだけでなく、宮内のメンバーも同じチームでした。
だから、今までとはつがうチームだったので、頑張って協力しようとしました。
大会でいい結果がだせたのも、協力できたからだと思います。
二つ目は、いつでも笑顔でプレーすることです。
宮内スタリオンズでは、とても楽しく、笑ってプレーをすることができました。
この半年間は、学んだことがたくさんあります。
この学びを生かして、中学校でも野球部へ入って野球を頑張りたいです。

11_03_26 (16)

鍛錬は不可能を可能にする 学業も野球も力而必達

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

卒団生作文14

思い出の宮内スタリオンズ 13 こうや【第54号】

宮内スタリオンズでは、たくさんの事を学びました。
練習のたのしさやチームのみんあで試合にのぞむ大切さを感じました。
ぼくが、一番心に残った事は練習と大会です。
練習ではとてもきつく体力がつくハードな練習だったけれどとても楽しい練習でした。
大会では、紅白で人を代えてやりました。
練習でやってきた事をすべて出して良いヒットが打てました。
その時はとてもうれしかったです。
大会では準優勝でしたが、とてもうれしかったです。
でも、優勝まで行きたかったです。
これまで色色ありました。
野球観戦をしたり、きつい練習をしたりしたけども、この思い出は一生忘れません。
中学でも野球をがんばりたいです。

11_03_26 (15)

鍛錬は不可能を可能にする 学業も野球も力而必達

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

卒団生作文13

スタリオンズに入っての感想 12 あきと【第53号】

ぼくは、スタリオンズではきっときびしいだろうなと思っていました。
でも入って練習したり試合をしたりすると楽しかったです。
練習の最後にあるスクワットは、少しいたでした。
練習は、内容はきびしいけどやっていくうちになれてきて楽しくなりました。
試合は2つのチームにわけて1試合で全員がだれるようにしたのはいいなと思いました。
いろんな試合を見にいったり、イベントに行ったりしたことも楽しかったし、おもしろかったです。
大会では、ファイターズのころ自分たちが六年のときの大会ではほとんど一回戦落ちだったのにスタリオンズに入ったら準優勝したりしたのでうれしかったです。
でもそれは上組の人たちがいたからだと思うとすこしくやしかったです。
それでも、ぼくは、スタリオンズに入ってよかったです。
中学に行ってもがんばります。

11_03_26 (14)

鍛錬は不可能を可能にする 学業も野球も力而必達

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

卒団生作文12

宮内スタリオンズ 11 としき【第52号】

宮内は、すごく強いチームなので、一緒に試合をすることが、楽しみでした。
川村かんとくのノックは、速くて、愛のある打球でした。
池田さんは、いつも部員のためにエコスタの計画など、色々なことをしてもらってありがたいです。
宮スタの野球部員は、みんな野球がうまくて、優かったので、楽しく練習を続けられました。
最後に宮内スタリオンズも指導者がいたので、試合や練習ができたので、川村かんとくや池田さんに感謝し、宮内中学校に行って宮スタで学んだことを活かし野球を続けます。

11_03_26 (13)

鍛錬は不可能を可能にする 学業も野球も力而必達

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

卒団生作文11

スタリオンズの想い出 9 つばさ【第51号】

ぼくは宮内ファイターズで三年間、宮内スタリオンズで一年間、野球をしてきました。
野球は一人ではできません。
仲間と力を合わせ行う球技です。
ぼくは、ファイターズでの仲間と、スタリオンズの仲間に出会いました。
野球は上手になっているのか、わかりませんが大切な仲間に会えて嬉しかったです。
想い出の試合は悠久山球場でのドリーム大会の決勝です。
ぼくはそれほど活やくできなかったけれど、みんなと一緒にがんばれたことが嬉しかったです。
ざんねんながら優勝はできなったけれど、最高の思いでです。
冬の練習で一番つらかったのは、スクワットです。
はじめの は足がパンパンで歩くのも大変でした。
最後のほうは、家の引っ越しや、体調不良で練習を休むことが多くなってしまったことが一番残念でした。
最後に川村かんとく、池田さん、お父さん達、色々教えて下さってありがとうございました。

11_03_26 (12)

鍛錬は不可能を可能にする 学業も野球も力而必達

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

卒団生作文10

この半年間で学んだこと 8 きょうへい【第50号】

この半年間で学んだことは三つあります。
一つ目は、大きな声を出すです。
野球は大きな声を出さないといけない、野球の基本を改めて教えてもらいました。
二つ目は、道具を大事にすることです。
どこへいってもなにがあってもしっかりとグラブを並べたり、バックのチャックをめちょっかくにおくことそれをきっちり学びました。
最後、三つ目は、楽しく野球をすることです。
川村かんとくは、少年野球をやっていた時のかんとくとはちがく、大きな声をだして楽しく野球やれということだけをいってくれました。
少年野球にあったきんちょう感とはちょっとちがく気楽に楽しく野球をすることができました。
この三つのことを生かし、中学でも、道具を大切にし、大きな声をだし、楽しく野球をしていきたいです。

11_03_26 (11)

鍛錬は不可能を可能にする 学業も野球も力而必達

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

卒団生作文9

この経験を生かして 7 いつき【第49号】

宮内スタリオンズの思い出はたくさんある宮スタではほかの人達には相当できないことをたくさん僕達にしてくれた。
思い出に残っているのは、ドリームカップで準優勝になった事。
おしくもやぶれたけどみんなで力を合わせればすごい力になるということを感じた。
上組では、あまり良い成積を残せなかったけど、準優勝でカップをもらって嬉しかった。
あとは、ECOスタを全部見た事だ。
ほかもたくさんあるけど宮スタになって自分が変ったことは、体力がグンて上がったこと。
もって体力をつければ行くこと。
この体験をもとに、中学校でも、頑張って行きたい。
これが一番、僕の中で思っていることは、仲間、これから一生けん命にしていきたい。(何事も)

11_03_26 (10)

鍛錬は不可能を可能にする 学業も野球も力而必達

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

卒団生作文8

今まで 6 かずし【第48号】

町内野球の昼に入団が行われた。その時半分くらいは、同じ上組小、もう半分は、ほとんどしらない人だった。
そして何日か、練習し、大会の日まできた。
大会は、勝ち進みナイトゲームも行いながら決勝戦まできた。
しかし、おしくも、やぶれ、2位に入いった。
しかし、かんとくが、いままでで、一番いいせいせきだと言っていたのでよかった。
そして、月日はながれ、卒団式。
いままで約七ヵ月。
今、早かったと感じる。
たすけあい、仲よくした仲間がいたから準優勝できたと思った。
これからも、チームワークをよくしていきたい。
この思い出は、宝だ。

11_03_26 (09)

鍛錬は不可能を可能にする 学業も野球も力而必達

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

卒団生作文7

スタリオンズ思い出 5 しょうた【第47号】

ぼくは、最初のスタリオンズの練習でギブアップをしてしまい、後の練習もうむりかと思ってたけどだんだんスタリオンズの練習がなれてきて体力がついてき自分でもすごいと思いました。
それから大会が始まり試合でいいプレーやいいバッティングなどが出きました。
それから、ぼくがスタリオンズの思い出ベスト3を発表します。
まず、第3位は、練習が出きたことです。
理由は、練習ができたから守備とバッティングがうまくなったからです。
第二位は、ドリーム大会で準優勝をしたことです。
そして第一位は、ランナーをアウトにさせたりみんなに声をかけあったことです。
などで、今年は中学でライバルトしてみんなとがんばりたいです。

11_03_26 (08)

鍛錬は不可能を可能にする 学業も野球も力而必達

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

卒団生作文6

半年のスタリオンズの感想 4 けいた【第46号】

ぼくは、最初のスタリオンズの練習で最初はきつい練習はしないと思って、ちょっと軽い気持で練習にのぞみました。
そうゆうにふうに思ったせいできつい練習ばっかだったのでやばいなぁと思いました。
でもこの練習がふつうなんだと思って練習をがんばりました。
そして、ドリーム大会が始まりました。
練習のせいかを発揮して勝ち進んでいきました。
とうとう決勝戦でスーパースターズと戦いました。
3対3でエキストラでスタリオンズは、1点もいれられなくてぼくは、7回裏からピッチャーだったので8回裏をおさえないといけないとなってきんちょうしてストライクが入いんなくてファボールを出してサヨナラ負けをしたのですごくくやしかったです。
このくやしさを中学校でもいかしたいです。

11_03_26 (07)

鍛錬は不可能を可能にする 学業も野球も力而必達

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

卒団生作文5

宮内スタリオンズでの思い出 3 だいち【第45号】

ぼくの一番の思い出は、初めてみんなとやった大会であきらめずに楽しく試合ができ、準優勝ができたことです。
他にも思い出が2つあります。
一つ目は、きつい練習の日々です。
冬の練習ではぼくが苦手なスクワットがいやな時間だったけどそれがぼくにとってきつい思い出でした。
2つ目はエコスタジアムでの見学と強化練習です。
見学ではいろいろな工夫しているところがありとても楽しかったです。
練習では室内練習場でアップしました。
そのあとグランドで紅白戦を行いエコスタのマウンドに立ち投げれた事です。
この宮内スタリオンズで習ったことを中学での生かしたいです。
そして、いろいろなことを教えていただいた監督、コーチのみなさん、池田さんありがとうございました。
そしてとても楽しい計画をたててくださいとても楽しかったです。
短いこの7ケ月間本当にありがとうございました。
中学校に行ってもがんばります。

11_03_26 (06)

鍛錬は不可能を可能にする 学業も野球も力而必達

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

卒団生作文4

宮内スタリオンズをやってきて  10 たから【第44号】

自分は宮内スタリオンズをやってきて、学んだことが二つあります。
一つ目は、仲間とのきずなの大切さです。
仲間と息が合わなければ、ゲッツーはとれない。と、分かりました。
これから中学校では、仲間と信らい関係・きずなをもっと、もっと深くしていきたいです。
二つ目は、きその大切さです。
きそは大事だと、分かっていたけれど、練習ではきそはできませんでした。
だから試合でも、いいプレーができませんでした。
中学までにきそを、きちんとできるように身に付けて、いきたいです。
まだ、宮内スタリオンズで学んだことは、いっぱいあるけど、これからも宮内スタリオンズで学んだことを、中学校でも十分にはっきしていきたいです。

11_03_26 (05)

鍛錬は不可能を可能にする 学業も野球も力而必達

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

卒団生作文3

2 そうすけ【第43号】

スタリオンズでの思い出はドリーム大会の決勝です。
九回表二死ランナー無し、一点差で負けていました。
バッターはたからでデッドボールでぼくにつないでくれました。
初球は監督のサインで盗塁。しかしたからは走らず一ストライク、二球目でやっと走ってくれて、二ストライクと追いこまれました。
ぼくは打たなきゃと思って、きたボールにとにかくおもいっきりふりました。
打球はライトオーバーで同点タイムリーヒット、ぼくの野球生活で一番うれしかった打席でした。
これはぼくをだしてくれた監督、コーチ、池田さん、毎日野球に送ってくれたり、来てくれたり、弁当を作ってくれたり、野球を教えてくれた、お父さん、お母さんのおかげです。
ぼくは中学校でも野球をがんばります。
また大変になるけどよろしくお願いします。

11_03_26 (04)


鍛錬は不可能を可能にする 学業も野球も力而必達

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

卒団生作文2

1 はやて【第42号】

半年間という少ない時間だったけど楽しかった半年間でした。
その半年間の思い出がいっぱいあります。
まず一つ目は、ドリーム大会です。
結果は、二位だったけど決勝まで行ったのは、三期生が初めてなのでうれしかったです。
ぼくは、別に活躍しかったけどうれしかったです。
二つ目は、プロ野球ファーム日本選手権の阪神対千葉ロッテです。
最初は、阪神が勝ってたけど千葉ロッテがあきらめずにやってたので逆転勝ちしました。
とても勉強になりました。
三つ目は、長岡ドームの貸し切りです。
1時間しかなかったけど、ずっと打ちぱなしがったのでおもしろかったです。
四っ目は、強化練習です。
エコスタツアーは、球場の事が良く分かりました。
あとめったに入れないVIPルームに入れたのでうれしかったです。
練習では、プロ野球の試合やオールスターの試合をやった球場で練習ができるなんて幸せだなぁと思いました。
ひさびさに外野ノックをやったのでエラーをしてしまいした。
まだほかにも思い出があるけどここまでにしておきます。
こうして楽しく野球をやれるのも監督、コーチ、池田さんのおかげです。
今までありがとうございました。
そしていろんなこと教えてくれてありがとうございました。

11_03_26 (03)

鍛錬は不可能を可能にする 学業も野球も力而必達

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

«  | HOME |  »

★後援会会員一覧★

㈲久保木工所
㈱ウエルスホーム
割烹魚権
カーシュップ宮内
スポーツシュップスズキン
オリエント・オート販売㈱・㈱高橋モータース
イシンホーム長岡店
2019年度会員一覧

アクセスカウンター

■■リンク■■

■■最新記事一覧■■

■■月別記事一覧■■

■■記事カテゴリー■■

プロ野球24

プロ野球順位表

プロ野球ファミスタオンライン2